ラサが厳戒態勢に

先日、ダライ・ラマ14世がアメリカの議会から勲章を授与されました。ニュースでも取り上げられていましたから、ご覧になった方も多いでしょう。法王はすこし足が弱くなられたかな、と思いましたが、身体つきやお顔の色艶などはまだまだお元気、14年前に拝謁した時とあまりお変わりもなく見えて、政界引退説もあるだけに、ちょっと安心しておりました。
さて、本題。
中国領チベット自治区と、中国の各省に組み込まれた旧チベット圏において、今回の法王の授賞を喜び、多くの市民が晴れ着を着て花火を打ち上げたり寺院に参拝したりしたそうです。ラサでも、もともと法王の住まいであり信仰の対象であったポタラ宮殿や、市内の中心である(少なくともチベット人にとっては)ジョカン寺や、かつて法王も学ばれたというデプン寺(僧院)などに、多数の市民が詰め掛けて法王を讃えたということです。
ご存知のとおり、ダライ・ラマ法王は祖国を逃れてインドに亡命中であり、中国政府は法王との対話を装いながらも実際には「反革命分子」の親玉として、法王の帰国はもちろんのこと、市民が法王の写真を持ったり飾ったりすることも禁じています。だから、おそらく、法王の授賞を喜ぶことも、「反革命的」な行為、あるいは「国家に対する反逆」的行為であると、中国当局が考えるのもごく自然のことなのでしょう。
デプン寺は数千人の解放軍によって包囲されている、とニュースが伝えています。ラサ市内の各所も厳戒態勢に入っており、公安がうようよしているそうです。
(国に楯突くことが、今も「反革命的行為」と中国で呼ばれているのか、もしかするともうその言葉は死語なのかも、と思って言い換えておきました。だって、今の中国において、革命、って何だよ?)
ニュースソースはこちらです。
北京では中国共産党大会が開催中。
少なくともこの期間中は、この状態が続くのかもしれません。
死傷者と不当に拘禁される人が出ないように祈ります。もう既に出ているのでしょうが。できるだけ少なくすむように、祈ります。
ではまた

3件のコメント

  1. 武力鎮圧を政治手腕と評しているうちは、暴動はなくならないでしょうね。
    胡錦濤は言うに及ばず、その後継最右翼の習近平も、温和そうに見えて浙江省党委員会書記時代の農民暴動続発3回を3回とも武力鎮圧してますし。
    なんかそんな事うだうだ考えてると嫌になります。
    ちなみに、法王授与の仕返しとして、中国ではGoogle、ヤフーなど米系検索サイトへのアクセスを中国ネット検索大手(百度)に自動転送しているとか。
    http://www.afpbb.com/articl

  2. (チベット問題への)平和的解決を模索していることへの賞賛して黄金勲章を授与するというのがブッシュ政権だというもの、なんだかジョークのように思えてしまうのですが…。
    時に、はぶさんのブログでも紹介されていることですが、北京でオリンピックを開催することは別にしても、占領地の最も象徴的な場所のひとつ(チョモランマ)に聖火リレーをするというようなことを、世界は本当に許容して良いものなのでしょうか。
    数回彼の国に入国した経験としては、入国時に荷物を調べられるということはまずありません。誰かヴィクトリー・ランでフリー・チベット旗を振る勇気あるアスリートはいないものでしょうか…

  3. はぶさん:
    百度への自動転送ですか、中国、やりますねぇー(笑)。ネットの世界って、そういうこと、何でもできるんですね。「天安門」と検索すると自動的に公安に情報が飛ぶとか、そんな噂もありましたよね。飛ぶかどうかはともかく、検索はできませんでした、確かに。
    胡錦濤さんって、チベットで辣腕を振るってた人だと聞いてます。どんなことしてたんだろ、およそロクなことじゃないでしょうけど。
    没関系さん:
    ほんと、悪い冗談ですよね。アフガニスタンやイラクへは問答無用で武力攻撃、北朝鮮へは一転して懐柔政策、ミャンマーやネパール、アフリカには無関心(資源がないから?)・・・。
    今回の授与だって、最近チョー生意気な中国にちょっと1針刺しとくか、ってことじゃないの? と思ってしまいます。そんなものに翻弄されてしまうチベットが、正視できないくらい痛ましいですよ・・・。
    聖火リレーがチョモランマを通るんですか、まさかてっぺんを? あ、はぶさんのブログに行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)