ミャンマー・・・

クーデターから1か月が過ぎたらしい。クーデターに反対する人々の抗議行動が続き、連日死者が出ている。この21世紀に、ひどい話だ。
去年の今より少し前の1月半ばから2月頭くらいにかけて、ミャンマーにいた。北の方にある山中の国境を越えて入り、マンダレー、南下して東進しタイ国境を越えた。どこもごく平和に思え、最後に立ち寄った小さな町では、割と近年まで内戦が行われていて故に外国人は入れなかったなどという話を聞いて「うーんこんなタイに近い所もそうだったのか」と思ったくらいだった。ミャンマーにはまだまだ危ない地域があり、故に外国人が陸路では通れないルートも存在する。
躊躇なく銃を撃つという点では、悪名高い中国の解放軍や武警よりも「国民を撃つ」ことへのハードルがずっと低いのだと思う。これも近年まで内戦が各地であり、ロヒンギャへの迫害(これは内戦ではない)なども含め、実弾を撃っていたことに起因するのだろうか。
死者が増えないことを願うばかり。そしてもちろんできれば民主化に向けて再出発できればいいと思う。

オリンピックが外国人観客抜きで行われそうとか、緊急事態宣言がどうやら延期になりそうだとか、色々なニュースが流れている。7万円の会食とかいう騒ぎもあった。7万円か~、どういう店だとそういう値段になるんだろう。ピンと来ないので興味がある。高い店はとことん高いのかなぁ。高いことを必要とする客もいるだろうし。ただ正直、どーでもいいな……。いやこの麻痺があかんのか。

あとは愛ちゃん。これこそ本当にどーでもいい! 知りたくもない!
大人なんだからほっとけばいい。収まるところに収まっていく、収まらなきゃ別の方向へ行く、ただそれだけ。マスコミ含めみんなあんなに愛ちゃんのこと大好きだったのに、何だよこの手のひら返し! 腹立つわ。
ほっといちゃいけないのは、子どもの虐待死のような件。断じて男女の不倫だの密会だのではない。

今日はほぼ一日中工房にいて、昨日作ったパターンを1つ試作してみた。
うーん難しい……。ちょっとラインが難しかった。ギリギリ縫えるけど、このギリギリをやらなきゃならないのかと言うと、回避することはできると思う。きれいに見える(服が、ね)ことと、縫いやすい線だということのせめぎ合い。また1つ宿題かな。

昨日が1℃そこそこ、今日も5~6℃と、寒い。ではまた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)