くもりでした

毎日さほど変化のない日々を送っているので、タイトルが「苦心した子どもの絵日記の、それ」になってしまいます。なんとも文才&語彙のないこって・・・・・・。

午前中、曇っていたので畑の草削り。なすが1株枯れました。病気ですね、きっと。抜いて処分。
ついでに店前ガーデンに移動し、こちらは草抜き。両手でがしっとつかんでは、バサバサ抜く。若干ストレスの発散にはなりますが、くたびれる。ほんとに、よくぞここまで生えるものだよ、雑草。

毎年思うのです。
私が何をしようがしまいが、同じように庭は草に覆われる。そして冬が来ればすべて死に絶え、綺麗さっぱり消えてなくなり、やがて次の春が来ればまた同じように草が生えてくる。
私が何をしようがしまいが。

つまり、私のやっていることは無意味で無価値ってことなんだよね・・・。

気を取り直して。


今日もパンを焼きました。本日はヨーグルト酵母元種から。
朝、冷蔵庫から出した元種に粉をついでちょっと発酵させましたが、気温が低かったせいか思ったよりも時間がかかり、粉をこねたのはお昼の後。1時ちょい前。一次発酵は薄日が当たる窓際で4時間ほど。二次発酵はすこし気温が高い二階で2時間くらいかな。今日は一次発酵がすごくうまくいって、ほんとに見るからにぽんぽこになりました。
小麦粉は通販で買ったみのりゆたかという種類です。今日もうまく膨らみましたー。

『我らが隣人の犯罪』 宮部みゆき
デビュー作です。表題作を含む4編所収の「新装版」なるものを読みました。
デビュー作からして既に宮部みゆきワールド。当たり前といえば当たり前なのだろうけれど。やはり才能ある方は違う。この人の小説は、作者が登場人物を愛してるんだよね。安心して読める小説集です。☆4つ

明日は朝まで降る可能性がありますが、その後回復するそうです。ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)