中部疾走の1日

昨日は定休日。
ロバ実家にしばらく出かけていなかったので、急遽行くことに。
朝8時に家を出て、途中高速も使いながら(実はこれがものすごい進歩)静岡にお昼ごろ着。まずロバのお母さんのところを訪ねて、小一時間過ごす。ロバ母は今年92歳になられたそうだけど、耳もしっかり聞こえるし、お元気です。足はだいぶ弱ってしまったけど・・・。
それからロバ三兄のお宅に寄って、ロバ兄弟それぞれのお宅へのお土産を託す。本来、寄るべきなんですが、ちょっとその後の予定が入ってしまい、このような図々しい仕儀にあいなりまして、本当に申し訳ないです。こちらでは桃をいただいてきました。長野も佐久あたりはけっこう桃を作っているのですが、収穫はまだかなり先。というわけで、季節先取りでおいしくいただきました。
さて、それで静岡を出て焼津に向かい、ここの「さかなセンター」(たしか)でロバ好物の魚を買って(これもものすごい進歩)、東名に乗っかって(しつこいが進歩)、一路岐阜へ。ここで商談があるのです。
降りるところを間違えてうろうろしてしまいましたが、なんとか岐阜市内にたどりつき、同業の友人とうまく落ち合って、商品の融通を。お互い同じことをやっているので、仕事の話はあっという間に終わりました。
その後、その友人と仕事の話も兼ねて食事をしていると、友人妻から友人携帯に電話。友人妻は私たちとも直接の友人でして、名古屋で仕事が終わったところなのでこれから速攻で岐阜まで来る、ということになり、9時過ぎに落ち合いました。
旅の話やら仕事の話やらで盛り上がり、入ってたモスバーガーの閉店時間23時まで居座ってしまった。で、別れ際、友人夫妻に
「あー、明日も朝から仕事なんだよねー、たいへんだー。M君も10時から7時までお店にずっといるのは、大変だよねー」
と、何気なく振ると、
「世間一般では、それってフツーですよー!」
と、大笑いされてしまいました。
で、思い出したよ。私もそういえば、ちゃんと働いていたときは、1日12時間会社にいるとか普通だったよなー。
でもさー、M君夫妻。一緒にチベット高地をヒッチハイクで、前後しながら走り抜けた同志の君たちに、そう言われるとは! 
土岐で中央高速に乗っかり(まじですごい進歩)、岡谷だったかで下りて、和田峠というところを越えて、軽井沢には朝の4時ちょっと前に着きました。途中の高速で土砂降りにあって、けっこう怖かった。中央高速って、カーブだらけで怖いですねー。深夜は大型トラックが爆走しているし。
というような1日でした。
今日はくもり・たびたび雨という天気。眠いです・・・。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)