見てますか?

昨日から始まった公共放送の朝ドラマ、観ている人はいるかなぁ。
事件や事故のニュースが多く、朝から暗い気分になってしまう今日この頃ですが、これから半年間は日曜日を除く毎日、素敵な歌声が届きますんですのよん。聴きやすくてとてもいい歌だと思う。美男美女のドラマなので楽しめそうです。主人公のエリーさん、アメリカの人らしいけど、ちょっとみゆきさんに似てるなって思う瞬間がある。ちと不思議。

てふてふ荘へようこそ   乾ルカ

アパートをめぐるお話。それぞれの部屋の住人たちの、それぞれの話が展開するオムニバス形式の小説でした。まったく知らなかった作家の、まったく期待せずに借りた本で、最近やられることが多くて、今回もそうでした。大上段にふりかざした刃では、あまり人は斬れないのかもしれないですね。
☆4  読書は楽しいです、と、あらためて思いました

バウルを探して   川内有緒

バングラデシュからインドの西ベンガルのあたりに伝わる、謎でありそしてバングラディシュの人々の魂の音楽とも呼ばれる「バウル」を探して旅をしたノンフィクション。著者は元国連職員。新田次郎賞を取っているので読んでみたら、とてもよかったです。冒険行でもない、放浪ものでもない、期間がきちんと決まっていて、カメラマンがいて通訳がいて、という旅を、こんなふうにおもしろいと思えるのは筆力のなせる技かと。
☆4  バウルか、一度聴いてみたいけど多分その機会はないんだろうな

バングラデシュには1度しか行ったことがなく、その時は国の情勢で行きたかった場所へも行けず(許可が出ず)、コルカタからダッカを陸路で往復しただけの1週間ほどでしたが、とにかくリキシャの群れが強烈で。それと、どこへ行っても、とにかく囲まれて、見られました。あんなに見られたのって、80年代終わり頃の新疆ウイグル自治区以来でした。危険な感じではないんだけど、見られるので疲れました。それと食べ物が辛かった。
あれからもう15年近く経っているので、どう変わったかなぁ。いつかまた行ってみてもいいかなぁ・・・・・・。

明日は捜索活動が再開できるといいですね、御嶽山。二次災害は絶対に起こしてはならないけど。
ではまた

3件のコメント

  1. リンコル周辺にはあまり影響がないようで、安心しました。テレビをつけると衝撃的な映像が繰り返され辛いです。好天の御嶽山山頂で紅葉を愛でた直後に人生が暗転、あんなに大勢の人命が失われてしまったとは。せめて全員見つかることを祈ります。明日がないと思って精一杯生きなくちゃと改めて思いました。

  2. 連投すみません。テレビまったく見てなくて、特に朝はバタバタですみません。素敵な歌声だけでも聴きたいです。ウメちゃんおちついてよかったですね。もうすぐ寒くなるのでしょうね、皆様ご自愛くださいませ。

  3. ななよしさん、ありがとう。このへんは御嶽山からは相当な距離があるので、降灰もないし、まったく影響はありませんでした。浅間もつられて動いたりするかなと思ったけどそれもなさそうです。
    本当にね、映像見ていると辛いよね、いわゆる山ヤの山岳事故ではなく、一般的な登山好きが巻き込まれてしまった事故ですからね。いろいろ考えさせられますね。
    あと、みゆきさん、そうか朝は見られないですよね、夜も再放送しているけど遅い時間だし。
    色々ありがとう、ななよしさんももうそろそろ保温下着の季節ですね、体大事にね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)