ぱぴぷぺぽ!

出来た!
シフトキーと「はひふへほ」による半濁音がついに出来た!

うれしい!!!

PとAで「ぱ」を打つ人には関係ない話ですみません。
親指シフターにとって半濁音をシフトキーで出すのは青信号で進めと同じくらい当然のことで、これができないと気持ち悪くて耐え難い。
よかった、ついにできるようになった。

ソフトの書き換える場所を間違ってました。
私の場合、親指キーは「無変換・変換」なので、
NICOLA(無変換・変換)を書き換えないといかんかった。
しかしこの名前のファイルは厳密には5つある。この中の「~なし」と「~確定」の2つを書き換えた。どちらか一方だけが効いている可能性あり。再起動の仕方がわからなくて、「おかしいおかしい」と書き換え続けて、試しにダブルクリックしてみたら変換された。いや~「後退」キーも十数年ぶりに生き返った(とはいえもう右上端がバックスペースと覚えちゃったから戻せるかな)し、よかった。あとまた少しずついじっていこうと思います。

Dvorakj>data>NICOLA (無変換、変換)
Dvorakj>data>NICOLA (無変換、変換)-確定

いじるべきは上記2つのファイルかと。多分。

-shift[
!|”|#|$|%|&|’|(|)|+|=|-|^|¥|
。|か|た|こ|さ|ら|ち|く|つ|,|、|゜|
う|し|て|け|せ|ぱ|と|き|い|ん|:|}|
.|ぴ|す|ぷ|ぺ|め|そ|ね|ぽ|・|゛|
]

私のキーボードは「無変換」「変換」キーのほかに親指キーが左右付いているので、本当はこれらのキーにも当てはめるべきものがあるんだろうけど、残念ながら親指キーはない前提で作られてるはずなので、その点が惜しい。

いや~よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)