ウメ還る

本日午前のウメ

ウメが還ってきました。

先月末からの食欲不振と下痢、「自分で治すに違いない」と思い込んだ私が悪かったのですが、今週月曜日に獣医さんに診せたら手術が必要な病気でした。
相当体力が落ちていたので、1日入院して点滴など行い、火曜日に手術、木曜日夜に私の手からはおやつを食べたので退院、と、ここまではまぁまぁ順調でした。獣医さんもあとは抜糸まで来なくていいですよ~と言っていたのですが、金曜の朝に食べたものを全部戻してしまい・・・。抗生物質も出ちゃったので、これはまずいとまた獣医さんのところに行って、皮下輸液ってのをしてもらいながら抗生物質を打ってもらい、さらに吐き気止めと、栄養価のめちゃ高いゼリーってのをもらって帰宅。土曜も引き続き皮下輸液。腎不全にもなってたんですよ・・・。
少しいいかな、と思うと、ふっと悪くなる。一進一退の状態が続いて心配しましたが、今朝の様子を見ると、このままいけるんじゃないかと思えてきました。
一番ぐったりなときには、カステラとゼリーのみ。今はすこし犬缶も食べるようになってきました。

傷口をなめたり噛んだりしないようにガードしてます

普段のウメなら、こんなもの何が何でも着けさせまいと暴れるはずなんだけど、まだおとなしく着けられてます。お腹をぱっくりと開けたのだから、相当消耗したのだよね。ほとんど歩きません。寝てばかり。

そうそう、手術前に面会に行ったら、爪が切ってありました。ありえない・・・。犬生で初めて爪を切られたのです、このイヌは。小さいときに切ろうとしてあまりの抵抗ぶりに諦め、以後は散歩ですり減らせばいいと切ったことがなかった。
あ、シャツを着ているのは、寒いからじゃなくて、お腹の傷を後ろ足でひっかかないため、です。ウメの名誉のために付記(笑)。

ウメもぐったり、人間もかなりぐったり。何とかこのまま元気になってほしい♪

もんぺ作ってみた

着物を解いた縞木綿で、古式ゆかしい「もんぺ」を作ってみました。前にも作ったことがあるのですが、その時は生地が厚めで思い通りにいきませんでした。今回はまぁまぁ想像どおり。
畑をしている友人が、「もんぺの動きやすさ最強!」と言っていたので、作ってみました。どうなんだろね? 

これは、前にたまたま購入した古着のもんぺを参考に作りました。巷でよく見かけるもんぺの作り方って、足の一部を断ってそれで股ぐりのマチを作るのですが、わざわざ着物地を断つ理由もよくわかんないw ので、マチはおくみ(だったかな)で取って、つまり、一切裁断なしで作りました。ほどけば元通りの長方形の生地になる。
断たずに作れるところに、もんぺの存在理由と価値がある、ような気がするな。

と、いうようなここ数日でした。相変わらず気温はほぼ氷点下10度前後まで下がり、日中は真冬日という寒さ。でも鳥の声が少しずつ変わってきたような気もします。あ、エナガが来てる。ではまた

3件のコメント

  1. ウメちゃんの姿みて一応あんしん かな。なんだかうつむいちゃって
     考えるウメちゃんですね。この前ご主人たちがインドにいってた時に
     進入して会いに行ったときは何かを期待してくれていたかのように
     元気でした。まぁ、不調のときもあるさ、あとは回復への道をゆっくり!ね。

  2. 寒い日が続いておりますが、ウメちゃんのお加減いかがでしょうか。
    暖かくなるまで静かに養生して、免疫力が上がる春までとにかくがんばってとお伝えください。
    冬はどんな生き物でも冬眠できるといいですよね。
    お大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)