上海蟹

春秋航空からキャンペーンメールが来ていたので見たら、「上海蟹を食べに来ませんか?」という激安フライトの告知でした。

佐賀と高松発着の上海便、往復とも1円です。

茨城や名古屋などは999円とか1999円とかでした。

どっちにしても安すぎて参る。ほかにサーチャージとかは別途必要だと思いますけど(そこまで確認せず)、それにしても。
でも上海蟹はそんなに食べたくないし、上海というか中国自体、いま行きたいかと問われたら別に行きたくない・・・w
新規に会員になっても上記価格で買えるみたい、今日から受付始まってるけどまだ残席どっちゃりありそうでしたよ。

少し前から、そろそろタイには行かねばならん。とは考えていました。
生地は山程抱えているのですが、いま自分が欲しい生地が手薄になってきたので。それと糸を買いたい。どちらも日本では手に入れづらい、手に入るかもしれないけど結構値が張るもの。手織りの生地そのものが、タイに行けば手に入る状況が継続しているのかどうかも怪しいです。怪しいけど確かめなきゃならないし、どのみち行かないとどうにもならない。来年の話ですが。

以前無駄に溜めていたマイレージ、もう失効してしまったかなと見に行ったら一応生きているみたいで、片道なら飛べそうでした。片道をエアアジアか何かで行って、帰りをUAで、という感じかな~。とか考えていたところだったので、春秋航空、久々にタイムリーな話題でした。

しばらくこのあたりの情報を積極的に探していなかったので、色々と新しいことが起きているようで。
チェンコン~フェーサイ国境(タイ~ラオス)の橋がようよう完成して今はバスで国境越え。
えっ、ここの国境が開いたんですか、開いてないんですか、どっちなんですか(中国~ラオス)。
国際バスが運行するようになったんだ、ルーイ~ルアンプラバン(タイ~ラオス)。
こっちは相変わらず、ローカルな国境らしいな・・・(タイ~ラオス)。
サムヌア~ハノイにも国際バスが走るようになったみたいですね(ラオス~ベトナム)。

巨大な中国の南にごちゃっとくっついているように地図では見えるインドシナ各国も、どんどん変わっていく。どんどん開かれていくのを情報だけでも実感します。こう行って。ここで越えて。こっち行って。また越えて。今度はこっち行って。また越えて。一筆書きでどこまでも、バスを乗り継ぎながら行けるなぁと、妄想トリップを楽しんでいます。この病は治りそうもない。

野球は勝ちそうなのかな? ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)