久しぶりに東京へ

今日は友人に紹介された整体さんに行ってきた。先月、股関節が痛くて歩けなくなったことがあり、それを心配して予約を取ってくださったのでありがたく! 恐る恐る……(^^;
新宿から中央線に乗って行く所だったので、最初はJRで行こうと思ったのだが、待てよ秦野に出て小田急という手も……。と考え、小田急で行くことに。なじみがある路線なので安心感がある。
とはいえ窓を開けて走っていることは知らず、風がぴゅーぴゅ―来てびっくりした。
痛さに悶絶する素敵な整体が終わった後で新宿に出て、ちょっと小田急HALCなぞに寄ってみたが、店員が喋っているだけの昔の中国のような店内に驚いた。お客さんも少ないし、まぁこんなもんなのだろう。
オミクロン株の蔓延も著しいことだし、早々に引き上げた。

 ハルクって昔からここだっけ?
もっとずっとしょぼいビルだった記憶があるんだけどな。

秦野、「はだの」と読むのが正しい。でもこの駅名ピンと来ないなぁと思ったら、30年ちょっと前までは「大秦野」という駅名だったという。そうだそうだった、当時も「おおはだの」だったのかもしれないが、「おおはたの」と周囲の人は呼んでいた気がする。
駅名も変わるし、新しい駅も出来るし、線路は上に登ったり下に潜ったり。もはや殆ど懐かしさはない。新宿に近づいた最後の3駅くらいと、新宿のホームに入って行く直前の踏切の向こうにある銀行か何かの電光時計が懐かしかった。これだけは昔もあったはず。

夕方4時には帰宅。
仙腸関節の右側が固着しており、リンパも水も右半身には流れていなかった! と整体の人は言っていた。それを流す手技が痛いのなんの。で、今日は水をたくさん飲むようにということで、蛙のように飲んでいる。いや、高地にいる時のように飲んでいる(^^;

 りっぱな鳥、サギとかシギとかそういうの?

 前回私が帰った時
パソコンで防犯カメラの画像を見ていると梅が膝に乗って来て邪魔をする。

 家の中ではこの甘えっぷり

なのに外で会うと完全に他人、完全に疑わしき人間として認識される。いつか外で会っても、よく見聞きする他の猫さんのように、付いて歩いて来たりするようになるんだろうか。

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)