シミコットから1700km・・・

いつものようにネパール関連の記事をチェックしていたら、面白い情報を見つけました。
イギリス人女性が、西北ネパールのフムラ郡シミコットから、東ネパールのタプレジュンまで、およそ1700キロのヒマラヤ横断トレッキングをするそうです。この秋の話。
シミコットからララ湖を経てジュムラへ。ポクスンド湖からアッパードルポ。ムスタンとマナン。ランタン。ソルクンブ。最後にカンチェンジュンガ・エリア。この全てを踏破するのか、それぞれ歩いては次へ交通機関を使って動くのか、そのへんは私には読解できませんでした・・・(笑)
でもあれか、マナンからランタン、ランタンからソルクンブは、どう考えても距離がありすぎるかな。そうでもないかな、よくわかりません・・・。歩き出して、ノると早いですからねぇ。
元記事はこちらです。
ちょうど今、昔のシミコットから西北ネパールへ入った旅を辿っていたところだったので、アンテナにひっかかりました。何のことかわからない? それはモグリですね、こちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)