タイから

私は日本におりますが、タイ北部の手織りの村から写真が届きました。

これは何の木だったか・・・。今度ちゃんと聞いてきます。その時も聞いたのだけど、えーと、マンゴーだったかもw
日本でキハダという木がありますが、色がちょっと似ているかな。キハダはもっと黄色ですか。
村の森でこうして材料を取ってくるところから、染めの作業がはじまるのです。

豪快に材料から染液をとっているところです。この豪快さがなんとも。
日本人が入ってちゃんとプロデュースしたりすると、おそらく、クリーンな作業場でクリーンな道具を使って作業が行われるでしょう。それもいいけれど、何しろウチはプロデュースするほどの格ではないので、みんな「あなたまかせ」なのです。

染めに入りましたね。
木綿糸なので、やはりグラグラさせて浸透させていくようです。


これは藍染めです。藍は煮出したりしませんから、こんな感じで染めるのですね。

タイでは着々と染め・織り作業が進んでいる模様です。
ちょっとびっくりした・・・。
やってくれると思っている反面、できないかもしれないなとも思っていたので(笑)。
悪い意味ではなく、タイ人気質みたいなものを私もほんの少しだけ会得しましたので、やらなくてもしょうがないなぁと思っていたのです。
そしたらちゃんとやっている・・・!
あと1ヶ月で布になるかどうかはちょと自信ないですが(笑)

こっちも頑張らないと。
ここで出来上がる布を何にするかも考えないと。
もう2月だ・・・・・・。

今日もあったかくて体調が狂います。明日も8度の予報。ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)