遠い金メダル

届きそうで届かない金メダル。スケートの小平さんなんか鉄板だと思ってたのに取れないものですね。明日の羽生くんはどうだろう、彼なら取っちゃうかな?

縫製していたものが出来たので発送。ヤマトさんに来てもらいました。
この冬はかなり縫製作業が滞っているのですが、ぼちぼち再開していこうと思っています。でもなかなかイメージが湧かなくて困る・・・。

「項羽と劉邦」、昨日で終了。
項羽は華々しく戦場に散り、劉邦が残る。
生き残って漢の祖となった劉邦、老いて故郷に帰り紀信という人の身内を探す。紀信って誰だっけ・・・? ドラマが終わってからネットで調べると、そうかそうか、劉邦の身代わりになって項羽に殺されてくれた人でした。そういう恩義に報いるところはあった人なんでしょうね、まぁ史実なんてわからないけど。
それにしても、次々に昔の仲間を淡々と殺していく劉邦。あれほど忠実な大将軍の韓信をあっさり殺してしまう呂公(呂雉・劉邦の正妻)。呂雉はここまでずっとまともな女だったのに、最終回でいきなり豹変したのでびっくりした。戚夫人の惨殺シーンはなかったけれど、中国三大悪女に数えられたりする人だから、これを入れたのかな。かなり唐突でしたけど。

全体としては豪華絢爛なドラマ。しかし、何でこんなシーンを延々と・・・? と首を傾げる部分も多々ありましたね。伏線を置いて回収しないことも多々。人がいきなり消えたり復活したり。もっとうまく配分できたんじゃ? と思ったりするけど、作った人にとってはこれがベストだったのだね。
しかしまぁ、権力の座に就くと人間は途端にそれを失うことを怖れ、人を疑い、自分以外をどんどん殺していくんだな、とつくづく。どこの国でもそうだったのだろうと思いつつ、やっぱり毛沢東と重ねてしまう。

運動と食事療法はしっかり続けています。この頃は自転車30分、もりもり漕いでいます。あと腹筋! でも腰(仙腸関節)が悪いので腹筋はなかなか難しい。腰に負担が絶対にかからない方法があればいいけど今のところない。
ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)