今年の冬は長いぞー

土曜日に夜会の千秋楽を見に行って来ました。もう千秋楽かー。今年のみゆきさんの季節はちょうど1ヶ月。その間に半月タイとラオスに行ってきたりしたので、尚さら短く感じます。これから長い冬になるなー。コンサートだと年をまたいだりするので、けっこう間が持つんですけどね(笑)

今年の夜会は2年前の再演でした。その両方を見て、最大の収穫は、中村中という人を知ったこと・・・・・・、だったかも。今までほんとにまったく知らなかった。猫の役をやってたんだけど、素敵でした。歌もよかった、けっこう好きな声かもと思った。

見終わっての感想は。
初演を見たときと同じです。
私が受け取ったのは、個を生きる、ということでした。決然と、ね。
そして、ちょっと派生的なことになるけれども、何に拠って立つか、ということ。「一以貫之」の「一」が何であるのか。普段はそういうこと考えずに生きているから、時々こんな風に考えることは大事だと思う。そういうことのために、この世には小説があり映画があり、夜会があるのだと思う。

いろんなこと考えたけど、文字にできることってあまりないな。
とまれ今年もこうやってみゆきさんの舞台を見られてよかったです。来年はコンサートだといいな、国際フォーラムは大きすぎて嫌だけど・・・。

今年もあと2週間を切ってきました。風邪も流行っている様子、気をつけて過ごしたいですね、私の場合は早く治したいです。ではまた~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)