秋晴れ

昨日のほうが快晴だったかも、今日は雲が時々かかる晴れの日でした。

今日も体の調子を見ながら午前中外仕事。
昨日救出し忘れたエリアのバラを助け、落ち葉堆肥の場所も雑草に覆われて近づけないような感じになっていたのを除草しながら何とか近づけるようにしました。落ち葉堆肥場は今年作り変える予定。
鎌を振る動きは五十肩には悪いらしく、昨日の作業中から肩関節が痛いなと思っていて、夜には湿布を貼りました。五十肩、治ったわけではなく、少しよくなっただけでした・・・。でも可動域はぐんと広がったので、インドに行く前よりはずっといいです。
ありがとうサントッシュ^^;

 ノコンギク
野生で、地下茎で広がっていきます。この時期はきれいですね

 石窯の上にも咲いてた
石窯、このところ使ってないからな~

 紫がきれい

 これは何だっけ
メタカラソウとか? いや忘れたわかんない

 ヤマザクラ
もうかなり落葉しています。サクラは早いです

 すもも彩の姫
こんなにボーボーになっちゃってどうすんの・・・(>_<)
落葉したら剪定しなくちゃ

 ミシン壊れた

わたくしの相棒、JUKIの職業用ミシンがちょっとおかしくなりました。
壊れたというか、不調?
自動糸切りが、使おうとするとウィーン・・・と止まってしまい、その状態から「何だ糸切れないのかしょうがないな」と針上げしようとすると、これまたウィーン・・・、と動かない。手動で針を上げることはできる。さらに、針を動かすと今まではなかった音がする。縫うには支障はないのですが、異音がある以上縫わない方がいいだろうと、いったん使うのをやめました。

何でこうなったかの原因ははっきりしてます。
押え金を上げたまま縫ってしまい、下糸がからまりまして。でもその下糸は取れたし、その後針板を外してチェック&エアダスターで掃除もして、釜には問題がないはず、少なくとも肉眼で見える範囲では問題なさそうなんだけど。何かが回転釜に触れている気がする、一瞬。それがカチャカチャ音になっている。
うーん、修理かな・・・。

こういう時のために、数年前にボタンホール用にミシンを買う時、少々高めのものにして直線縫いもきれいなやつにしてあるので、すぐにとても困るわけではないのですが、やっぱり使い慣れているものがいいわけで。ボタンでも何でも位置が違うからいちいちめんどくさい。
でも、こっちのコンピューターミシン(多分)は、「押え金が上がっていたらそもそも縫えない」機能が取り入れられており、これだけはいいなと。
滅多にはやらかさないですけど、たまーにあるんですよね、うっかり押さえを上げたまま縫ってしまうこと。でも今まではこんな風にはならなかったのに。
ま、購入から10年以上経っているらしいので、一度整備も兼ねて見てもらおうと思います。

そんなこんなで、ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)