友人とこ

用事で佐久まで行ったので、帰りに友人のところに電話、在宅してたので寄って1時間半ばかりおしゃべりしてきました。
前回は家に来てくれて、その時はまだウメがいました。
ウメがいなくなった話など。
互いの近況、家族の話。
いろいろ、いろいろ。

この友人夫婦と最初に会ったのは東京、仕事で、でした。その仕事で、生まれて初めて軽井沢という場所に行きました。正確には中軽井沢でしたけど。当時はまだ信越線が走っていたので、軽井沢では降りてもいません。そのご夫婦が経営していた施設で、チベット関連のセミナー講師を引き受けました。ちょっと怪しそうだけど・・・、奥さんの方は世にも稀なるチベット学で学位を取っている方で、そのお父上はこれまた世にも稀なるチベット語学者なのでした。
仕事はその1度だけで、以後、賀状のやりとりはしていたかな、とにかく会うこともなく日が過ぎて。
紆余曲折の果てに軽井沢に土地を求めた時も、正直この友人のことを思い出してはいなかったと思います。

東京では、近くに仕事で出会った人が住んでいるからといって、遊びに行ったりすることは稀です。「近くに来たら寄ってよ」「今度遊びに行くね」と、誘ったり、誘われたりはあっても、それは社交辞令であって、実際に行くことはまずない。だから軽井沢にあの人たちが住んでいると思い出したとしても、だからといって連絡しようとか、そういうふうには思いませんでした。

東京は1200万都市。
軽井沢は当時14000人ほどの小さな町。
そこらへんのスケールっていうのかモジュールっていうのか、そのへんがまったく把握できていなかった私でした。
友人の方から伐採作業をしていた現場に訪ねて来てくれて、以後ずっとよい距離感でお付き合いが続いています。軽井沢に来て最初にできた友人(私にとってはその前からだったけど)が、気がつけば未だに残ってくれている友人でもある。
常に沈着冷静で、物事を的確に把握し、適切かつ親身なアドバイスをしてくれる人たち。ありがたいな。

毎日寒い日が続きます。軽井沢は本日の最高気温4℃。
そして私が年賀状をネット印刷で注文し、今日届きましたので、明日は大雪になるかもしれませんよ(!) ではまた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)