小春日和、藍片付け

今日は晴れて気温も10℃を少し越えるくらいになり、風もなく暖かい日になりました。小春日和ですね、こういう日は多分もうないか、あっても1~2日でしょう。

そんな貴重な暖かさなので、藍を片付けました。
大きなバケツ2つで建てていた藍を、両方ともすべてさらって畑に入れ、バケツを洗いました。
2つとも、建てたのは昨年の春。1度越冬し、今年の春にすくもや水、石灰などを足してまた染めていました。でもさすがに色にキレがなくなってきたので、夏を過ぎてからはあまり染めることなく・・・。

底の方の青い色は落ちませんでした。藍は、染液の時は青ではありません。空気(というか酸素)に触れて初めて青く発色します。なぜバケツの底が青いのか、はわかりません、不思議と言えば不思議。染液にも若干の酸素は含まれていると思うので(水には酸素が含まれている)、そのせいなのかな?

来年また初夏が来たら建てようと思います。
ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)