テープ休み・ミシン入れ替え

問題がある時はテープを休んでいいらしいので、今日の午後から休み中。これで痒みが軽減されるといいんだけどな。

術後のケアは病院によって、またはドクターによって全然違うらしく、ネットでいろんな情報を見ては「私のやり方で大丈夫なのか」と不安になる。全国統一とは言わないけど、もう少し標準的な方法みたいなものがあればいいのに。
私は術後テープのみ指示されているけど、手術直後から軟膏を処方され使っている人も多い。何となくだけど、使った方がいいような気がしてしまう(^^;
次回主治医殿に会うのはずいぶん先なので、放射線科のドクターに訊いてみようか、もしくは放射線が始まると保湿系の薬は出るのならそれでもいいけど。

(大事なことメモ)
断薬のもやもやが出ている。直近ではリリカのせいだと思うが、それ以前に使っていたサインバルタも関係しているかもしれない。
8/10からリリカ中止、2日間のみ服用、夜75、朝25。12日夜にはっきりと浮動性めまいを感じる。たぶん日中も軽くあったと思う。今もこれは続いている。そうとわかると日中もかなりふわふわくらくらする。
その前の経過としては、レクサプロ5mgを2か月ほど服用しており、7/25頃に休薬してみた。この時は特に断薬の症状はなし。
その後サインバルタ20mgを8/1頃から服用、8/6を最後に休薬。8/8からリリカ。
こんな感じだ。
レクサプロでは出なかった(最少量の半分を服用していた)が、サインバルタは錠剤を割ることができず(砕ける)ので最少量を服用しており気にはなっていた。
もう症状が出てしまっているので、このまま断薬してみようと思う。舌痛症が悪化するようならレクサプロに戻そう。

ミシンの入れ替えをした。昨年買ったジャノメからジューキへ戻した。
薄物を縫う場合は、やはりジューキのほうが使いやすいと思った。ジャノメはパワーがあるので、厚物やアウトドア系のものを作る時に使おうかと思う。
ジューキを新調しようかとも思ったが、相変わらずミシン業界は意味不明のわかりにくさだし、あちこちから情報を引っ張ってみてもちょうどよいものがない感じ。自分にとって必要なもの、不要なもの、がうまくバランスが取れない。困ったものだ。

自分にとって必要なものは……。
・もちろん職業用ミシン一択
・工業用針は絶対譲れない
・厚物に軸足を置いていなくていい(ジャノメがある)
・サブテンションはなくても問題ない(ジャノメに付いている)
・自動糸切りは必要
・だけどフトコンにセットされているのは嫌(ミスを誘発すると思う、危険にもつながる、もう若くないので)
・自動糸通しは便利かな(絶対必要というほどではない、壊れやすいのも知ってる)

※サブテンションはフィラメント系の糸が撚れなくていいけど糸通しがちょいめんどくさいので通常は必要ないと思う。どうしてもフィラメント系使いたい時はジャノメでやればいいし。あとは太糸か? でも基本使わないから。

とやっていくと、ない・・・・・・!
みんな帯に短し襷に長しになってしまう。困ったものだホントに。
ブラザーのヌーベルに浮気しようかと思ったが家庭用針だし!
しばらく今の古いミシンをご機嫌とりつつ使ってみようかと思う。

ジャノメは一言で言うと、繊細な作業にはいささか向いていない気がする。ジューキで慣れているからだとは思う、初めての職業用がジャノメなら多分普通に使えると思うが、なんせジューキ歴が20年以上だったもので……。特にローンなんかを縫う時に強く感じる。
あと、天秤がスリットじゃないとか、送り目の調節ダイヤルが本体右側面にあるとか(私は右側面に磁石をくっつけてそこに糸切りばさみをセットしたいので邪魔)、いくつかの小さい不満はあったけど、パワーはまじでありますな。厚物はほんとジャノメだと思った。

条件ぴったりのミシンはないのかジューキ!
ではまた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)