検査

連日の病院通い。
今日は9時20分に来るようにとの指示で、検査を2つ受けた。昨日の夜9時以降は絶食(水のみ可)、今朝ももちろん水のみで出発。

受付するとまだ9時を10分回ったところだった。
最初に看護師さんから薬の話、骨系の薬は今はのんでませんと伝えると「それって自己判断で? ダメです!」と怒られた(^^; 薬をやめるのは手術の3日前でいいのだそうで(うーん聞いてないよ(^^; )、まぁいいか、そんなにたいした薬じゃないと思うので(これも自己判断だからアウト!)。
その書類にサインして、それから検査に出発。

最初はCTだった。前回ほど物々しい場所ではなく(前回はもしかすると手術エリアだったのかも)、普通のきれいな部屋でちょっと安心。今日も造影剤が入る。
今日は仰向けでバンザイ。50肩が酷いままだったらきつかったと思う。何も入れずに少し撮影して、それから薬が入る。入ると喉からお尻にかけて熱くなるけど正常反応だから大丈夫、と説明を受ける。実際に薬が入ると確かに最初に喉、それから背骨に伝ってお尻の方まで、そして両掌がすごく熱くなった。
MRIに比べればずっと短時間であっさり終わる。

次はエコー。これ、好きな人いないと思うけどほんとに苦手。腹とかならいいけどさ(^^;
念入りに胸部を調べた後で、今日は腋下のリンパ節も時間をかけて丁寧に診ているようだった。最初はそこに転移するそうなので、エコーでわかるものがあればきっとリンパ節は切除という判断に最初からなるのではないか、素人考えだけど。

2つの検査を終えると病院到着から1時間ほどだった。会計をして終了。6000円ちょっとだった。
入院と手術は多少保険でカバーされるが、検査についてはそうもいかず、数か月にわたっての検査なので補填はない場合が殆どではないかと思う。いちばん高額だったのはマンモトーム生検で2万7千円ほどかかった。

これで今月の通院は終わり。来月1度麻酔科医の診察(?)があって、その後何事もなければ入院となる。けっこうこの待ち時間がしんどい。できればさっさと入院してびしびしと検査をし、えいやと切ってもらいたいくらいだけど、そういうわけにはいかないというのもよくわかる。手術前の時間をできるだけ気楽にして過ごしたいと思う。

今日も東信地方は晴れ、暑くなっている。家の中でも28℃近くになっているようで、6月にこういうのはやはり異常。軽井沢でこうなのだから下界は暑いだろうなぁ、お気をつけて。ではまた

 

2件のコメント

  1. 連日の検査お疲れさま。

    梅雨明け十日、というけれど、今日の東京の暑さもすごいよー。
    ベランダに洗濯物を干している数分で、日射病みたいになる。
    ちょっとそこまで、コンビニに行くのも躊躇してしまう。
    不要不急の外出は控えたほうが良いとお天気お姉さんが言っていた。

    手術が決まってから入院までの時間は本人も家族もしんどいよね。
    母の時は検査後なかなかベッドが空かず、問い合わせたら場合によっては数か月待ち…なんて無神経なことを事務の人が言ったらしく、本人が精神的に参ってしまって。
    平塚が病院に電話して、状況を話して少し強気にゴリゴリと押してみたら、
    3日後には入院のお知らせがきた。

    手術までの日々、
    できるだけ気楽に過ごせますように。
    気分転換に、別宅に海をみにいってみたら?
    暑そうだけれど…。魚も美味しいよ。

    1. 6月に軽井沢が30℃越えるとは世も末でごじゃる。
      東京はすごそうだ、気をつけてね。

      昨日から1泊で地元の温泉に行ってきたよ♪
      術後はなかなか気楽には行けなくなるらしいと気付いて。
      うんうん、週末は海を見に行くよ~

      ありがとー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)