藍植え付けと鋸岳など

 藍の植え付け

 まだこんな小ささ

ほんとは雨の前の曇天がいいのだが、ちょっと予定が狂って快晴の本日植え付けた。元気に育ってほしい。

 つつじが満開になってきた

このつつじたちは東京の私が生まれた家からはるばる持ってきたもの。生まれた時は既にあったんじゃないかと思うから、樹齢60年以上? すごいな。

先週の金曜日、薄曇りの中、鋸岳に登った。ヒマラヤ友だちに誘われて、だったけど、人生で一二を争うきつい山登りだった(^^;) いや山自体は全然普通なんだけど、自分の体調が最悪だったみたいで、自分じゃないみたいな体の重さにうんざりしながらとぼとぼと登った。息切れも酷い。頭の中で鳴り響いているのは「傾斜十度の坂道を腰の曲がった老婆が……♪」(傾斜 中島みゆき)だし、後ろを振り向いても前を見ても「絶望」の2文字しかない。何とかかんとか予定時間をはるかに超えて登ったけど、当分山はいいやという気分に。
たぶん開始1週間くらいだった薬の副作用ではないかと思う。参った。

 嬬恋のしゃくなげ園
左の方に見えている山は四阿山

 しゃくなげはきれい

 満開に近い

樹林帯を抜けると浅間が

 ケルンがある場所
まだまだ山頂は上だ

 足元の小さな花

 山頂である

 浅間山
正直言って、登りたくはないな(!)

 野生のしゃくなげも

 しゃくなげ園

 コケの花?

いや~きつかった。
もうちょっとは運動しないと。

実は浅間山の北側には殆ど行ったことがなかった。北軽の入り口というのか、メインストリートの辺りは何となくわかるけど、そこから西へどんどん入って行ってもずっと別荘地が続いているとは知らなかった。キャベツ畑もたくさんあった。軽井沢よりも北軽の方が好きだという人もいる、というのも何となくわかった気がする。
帰りにしゃくなげ園でヤクシマシャクナゲというのを1株買ってきた。今日さっそく植えてみた。最初はもうすぐにも咲きそうな蕾がついている株を選んだんだけど、車を横付けしたら販売員?の人たち3人が「こっちの方がいいかも~」と、まだ蕾は小さいけどたくさんついているのを出してきてくれていて、どっちがいいか再度選べと(^^; 迷った末に、皆さんが選んでくれた蕾の多い方にした。気のいい人たちで楽しかった。

今年うまく咲くかどうかはわからないけど、咲いたら写真撮ります。
ではまた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)