大晦日

いよいよ今年も終わります。
今年はどんな年だったか、考えてみると出てくるのは反省ばかり^^;
来年はもうちょっといい年にできるようがんばりたいです。

今年はどこにも出ない1年でした。
ウメが最晩年でもう長くないのがわかっていたので、どこかに出かける気にもならず、ずっと日本にいました。
7月の終わりにウメを見送った後も、さてどこかへ・・・? 出かける気にならなくて、ちょっと不思議な感じ。すぐにでもどこかへ行くだろうと多くの人が思っていたようですが、意外と本人たちはそうでもなかった。

体調的には、腰関係はあいかわらず、花粉症もあいかわらず。そこに今年五十肩という強敵が加わりました。これはもう、気をつけるとか治療するとかいうものでもないと思うので、仕方なく受け入れ、少しずつでも慣れていくしかないのでしょうね。何をしたからこうなった、という明確なものは多分ないのだろうけれど、私の場合はやはり若い時分に人の数倍~数十、数百倍も肩を使ったというのは、原因の一つではあるでしょう。もちろん野球・ソフトをやった人がみんななるわけじゃないから、個人差、体格の問題も大きいと思います。

そんなこともあって、いよいよ自分も老境というか、最後の一花をどう咲かせるか、的なところに差し掛かってきたのを強く意識しました。
軽井沢の土地を伐採し、開墾し、今の状態まで作ってきた過去20年ほどの時間。店を開き、少しずつ形態を変えながら現在の形になり、安定していると言えば言える、行き詰まっていると言えば言える。そんな状況です。このままずっと軽井沢一本で行くのか、それとも違う道があるのか。
というのは、やはり軽井沢は寒いんですよね。寒くても別に暮らせますし、どうとでもなる、それは事実です。が、一方で、Tシャツ短パンで暮らせるタイの事情も熟知しているわけです。あるいは日本の暖地では、冬でも野菜がとれる、柑橘類が実る場所もあります。年間の半分近くが冬で、土が凍ってしまう軽井沢に、どうしてもいなければならない理由は私にはありません。
そのようなわけで、12月に日本の西の方をささっと旅してみたわけです。通過しただけなのでちゃんとしたことは何も言えないけど、全体的な印象では九州が捨てがたいなと思いました。ただ、距離の問題は大きいですけどね。

いちばん現実的な線としては、やっぱり海外避寒かな。
と思って2月アタマのバンコク行きチケットを検索したら、あれ? と思うくらい高くて驚いているところです。LCCで片道4万とか冗談だよね? って感じ。
これでは、冬場はタイに行ってて、みゆきさんのコンサート(の自分が取れた公演日)に合わせて一時帰国する、という私の計画が頓挫してしまうではないか。さすがに10万かけて往復するわけにはいかないですからね。
チケットは取りたい日にとれるわけではなくて、今回みたいに2月だけってこともあるのでですねですよ。ま、ものすごく頑張って始まってすぐの時期を押さえればいいのですが。オクで買うとか。

話が逸れた。

いろいろ言っててもなるようにしかならないのが我々の人生ですが、来る年が皆様にとってよりよい年になりますようお祈りいたします。
私もよい年にできるよう、素直な気持ちでがんばりたいです。
よいお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)