布に埋もれる2

今日も作業場の布整理。
服を作っている人は全員同じだと思いますが、端布がとにかく出てしまうので、それをどうするのか? 日々闘っております。
潔く捨てる、という選択肢も当然あるのでしょうが、日暮里で買ったような生地ならともかく、自分が行って暑い中(ほとんどが暑い国)を歩き回って買った布となると、捨てられないものです。一応、4センチ以下のものは処分していますが、4センチあれば何かに使える! と思って捨てない、捨てないから溜まる・・・。

 引っ越しか・・・

作業場にしている2階は総二階ではないので、使える高さに限りがあり。ここの壁がもっと高ければ全部布の棚にしてしまうんだけどな。
ダンボールの箱がたくさんあるのは、端布の有効利用のためにパッチワークもするわけですが、その時その時に使う種類の端布を何となくひとかたまりにしているため。更紗、カディ、土布、藍・・・、てな感じ。これももう際限がなくなりつつあってどうしようか悩みの種ですね。端布の元箱があって、そこから出してきてまとめているので、あっちもこっちもになってる。
端布の量としては自分が入れそうな巨大ダンボール箱(タイから発送する時のバカでかい箱)3つくらいは軽くぎっしりぎっちりある感じ。

布、大好きなので、たいへん幸せです♡^^;

さてさて、だいぶ作業場が片付きましたので、また明日からは縫製作業に戻ろうと思います。まずは、発掘された「なぜ?」シリーズから片付けようかな。

軽井沢は本日今シーズン初めて(だと思う)氷点下になりました。明日も0℃の予報です。来ましたね~。ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)