ぱきっ

中島みゆきさんの「歌旅劇場版」、このへんだと上田という微妙な場所で、しかも夜7時1チャンスというハードルの高さ、DVDは持っていて何度も見たし、劇場で見るのはどうしようかとずっと迷ってました。
迷っている間に、エアアジアのチケットがたった1晩待っただけで2000バーツも値上がりしくさり、この時点で「もうだめぽ」とか思いつつも、まだぐじぐじと迷ったりしていたわけなんですが。

今日、夕方、最近また始まった「ER」を見るために、液晶テレビを回転させてたら、

ぱきっ

と、左腰のちょと上、体を支えるたいへん大事な筋肉が、逝きました。

立っちゃえば立てる。座っちゃえば座っていられる。だけどその二つをつなぐ梯子が壊れてて、座ったら立つのにとんでもなく時間がかかるし、その逆もまた。左足に体重乗せられない。

こんな状態では行けないではないか・・・・・・。
もう迷わなくていいのね、私。
上映は明日までなのよ。

みーさんごめんなさいゆるしてくださいこのおとしまえはこんさーとつあーでつけさせてもらいやすから。

ツアー詳細はまだか。

今日もアクセサリーのアップ&服の撮影&アップ、そんなこんなの仕事三昧。ではまた

2件のコメント

  1. こちらでも中島みゆき映画、行きづらいところにあったり、やっと
    待ち合わせをきめたら、今週から朝イチの回がなくなったりで
    ぐずぐずしていたら、一緒にいくかねぇと行っていた友達のだんな
    (私の婦人科主治医でもある)が大動脈瘤破裂であっというまに
    おととい亡くなって。亡くなった本人が納得いちばんできないのだ
    ろうな、と思っているうちに通夜、告別式と日程は決まる。同世代
    はひさしぶりなのでショック。
     お腰お大事に。少しはよくなりましたか。
     今は偶然みつけた、小川洋子、偏愛短編箱読み始めました。
    アンソロジー。

  2. 大動脈瘤破裂ですか。
    お医者さんでも自分のそれに気づかない場合ってあるんでしょうね。
    長く苦しむのも嫌だけど、年齢的に早すぎるのも・・・。
    死ぬことは人間にとって最後で最大の大仕事だなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)